事業所案内 小倉工場

小倉工場の概要

小倉工場は、TOTOグループのものづくりの原点として、1917年に「東洋陶器株式会社」として創立しました。工場用地の選定に当たっては、燃料である石炭や、原材料の入手が容易だったことと、アジア向けの輸出に便利な門司港に近いという理由から、現在の北九州小倉の地が選ばれました。
2013年4月より、TOTOサニテクノの一員となりました。

所在地 福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
従業員数 398名(協力企業含む)
敷地面積 45,900m2
稼動開始 1917年(大正6年)
工場の特徴 国内初の衛生陶器量産工場
腰掛便器・洗面器・小便器等の生産拠点

(2018年4月時点)

小倉工場の主な生産品

      (2018年4月時点)

アクセス

[お車でお越しの場合]
 北九州都市高速 大手町ランプ下車
[公共交通機関でお越しの場合]
 JR小倉駅南口より
 ・西鉄バス(小倉駅バスセンター)
  のりば(3)から21・22・43系統またはのりば(4)から25系統に乗車し、「貴船町」下車
 ・タクシー
  「TOTO衛陶工場正門」と指示してください。