地域社会への貢献

TOTOグループは、水まわりを中心とした豊かで快適な生活文化を創造することで、社会の発展に貢献する企業を目指しています。社会の持続的な発展のためにも、また、会社の事業継続のためにも、水環境をはじめとする自然環境の保全や、地域社会の活性化に寄与する活動など、様々な社会貢献活動を推進しています。

水環境の保全

TOTOグループは、水まわり商品を提供する企業として、節水商品をグローバルに普及させるだけでなく、2005年に「TOTO水環境基金」を設立し、水環境の保全活動を通して、水源涵養や水質保全、生物多様性の保全などに貢献しています。海岸清掃などの活動には、社員も積極的に参加しています。

工場での地域交流

日ごろお世話になっている地域の皆様への感謝の気持ちを込めて、毎年「TOTO夏まつり」を開催しています。また、地域の方々にTOTOのものづくりへのこだわりをお伝えするために、工場見学の受け入れや工場リモデルフェアの開催等を行っています。工場ごとに趣向を凝らしたイベントを企画し、地域の方々とのコミュニケーションを図っています。

清掃・緑化活動

地域貢献の一環として、各工場とも工場周辺の清掃活動を行い、快適な街づくりに貢献しています。また、社員が自ら育てたどんぐりの苗木を植樹する「TOTOどんぐりの森づくり」も行っています。この活動を通し、地球温暖化防止・生物多様性の保全などに貢献していきます。

被災地支援活動

TOTOグループでは、大規模な災害が発生した場合等に会社と社員とが一体となって被災地支援を行なっています。 東日本大震災や平成28年熊本地震においては、社員有志による募金活動や工場イベントでの復興支援物産販売などを行うなど、被災地支援活動を継続して行っています。